シックスパックその4

大阪 心斎橋 パーソナルトレーニング 安い 女性

今回は腹筋の深層部にある筋肉のインナーユニットについてお話します。

インナーユニットとは、横隔膜、腹横筋、多裂筋、骨盤底筋群の4つの筋肉のことです。

これらは何故ユニットと言われているのかといいますと、これらの筋力は連動して働くからです。

横隔膜という名前は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

肋骨の下にある筋力で、呼吸をした際に働きます。

この呼吸のやり方にポイントがあります。

腹式呼吸といったやり方です。

腹式呼吸はお腹を引っ込まして息を吸ってお腹を膨らませながら息を吐きます。

これを『ドローイン』と言います。

ドローインを行うことで横隔膜が働き、その下にある腹横筋や多裂筋、骨盤底筋群が同時に働きます。

インナーユニットを上手く使うことでお腹がへこみます。

呼吸を意識しながら運動をおこないましょう!